格闘家の時代が来た

生きていく上で、「青年」の意味合いって、なんだろう。関係ないって思う?「弟子」は、君にとってはなんの意味があるんだろう。

サイト内カテゴリ

泣きながら自転車をこぐ弟と暑い日差し

この前まで完全に知らなかったが、小さい子のプールの為のオムツというものがあるらしい。
都会では、水用オムツ着用で入れる所と入らせてくれない所があるとのことだ。
必ずや、プールに入っている人から見れば、水についてももれないオムツでもおしっこなどふくまっているオムツで同じところに入られたら、いやだろう。
だが、子供の親だったら、プールにいれてあげたいと思うし。
さりとて、立場が逆だったらなんか不快だ。

雲の無い月曜の晩にこっそりと
ある日、小笠原諸島へ出張に出かけた。
この辺は非常にあつい!
綿の上着の上に、背広。
汗まみれになりすぎて、上のジャケットは凄い事に。
宿にまで着いて、ジャケットを石鹸で洗った。
次の日そのジャケットはストロベリーの香りがした。
ジャケットがボロくなあるのではないかと気になったけれど、それでも洗った方が良いと心に決めていた。

勢いで自転車をこぐ友達と冷めた夕飯

小学生の頃、父も母も、娘の私の人付き合いに対しあからさまに積極性を求めてきた。
平均的から外れてはダメだ、など。
とっても生きづらい時期だったと考える。
授業が終了すると、ほぼ毎日偽りの自分を嬉しそうに母に告げる。
そうすると、楽しそうな顔をするのだ。
ちょっとでも変わったことをすると、浮く。
そんなことばかり怖がっていた学生時代の私と母親。
可哀そうな過去だと今は思う。

騒がしく口笛を吹く子供と公園の噴水
夕食時に、500のビールを一人で飲むのが楽しみになっているけれど、最近、その後にワインも飲んでいる。
もちろん、その後に接待のような仕事をしないときに限定されるけれど。
ひとり暮らしをしていた時に、住んでた部屋の近くでちょっといい感じの酒屋を発見して、父の日のために買ってみた。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円の父の日用のワインを探しています」なんて言って。
実家にプレゼントした、ワインが1万円ほどしたことをついつい言ってしまうと、父は気まずそうに「・・・うん、やはりそうだと思った!」と言ってくれた。
その他の感想は特にはなかった。
以来、あまりワインの値段にはこだわらなくなった。
旨い!と思える時間の友だったら、値段や質にはこだわる必要は、今のところない。

息絶え絶えで熱弁する家族と冷たい肉まん

何かおくりものを決めなくてはと思っている。
結婚記念日がもうすぐで、妻に喜んでもらえる贈り物をあげたいのにめちゃめちゃいいおくりものが思いつかない。
妻に何か手に入れたいものがあるのならば、話は早いが、たいして、物を欲しがる気持ちがないので、本人がもらって喜びそうなものが思いうかばない。
だけれども、しかし、妻に気づかれない様に欲しい物を見つけて驚かせて喜ばせたい。

気どりながら跳ねる彼女と飛行機雲
昔、体調が良くない上に、偏食と、睡眠の中身が変だったので、シミが多発した。
これはヤバいと考えて、食生活を送り、肌に良い事をやろうと周りの意見を聞いた。
根強くファンが多かったのが、アセロラドリンクだ。
現在でもごくごくと飲んでいる。
あのレモンよりもCがたっぷり含まれているらしい。
健康的な体と美容は結局果物から形成されるのかもしれない。

そよ風の吹く日曜の夕方は目を閉じて

日本には、数えきれないくらいのお祭りが行われているようだ。
自分の目で見たことはないけれど大変よく知っているのは、秩父夜祭で、別名、冬祭りがある。
ゴージャスな彫刻をした、笠鉾が2基と屋台が4基。
お祭り会館を観光したときには、画像や実物大のそれらを見た。
真冬に開かれるので、冬祭りという別名でも呼ぶみたいだ。
実際に見たいお祭りの一個である。
秩父夜祭とは反対に、夏にあるのは、福岡県福岡市の放生夜があり、すべての生き物の命を奪う事を制限する祭り。
今から大分前には、この祭りの間、魚釣りもしてはいけなかったという。
代々続く祭りも大切だが、私は屋台のリンゴ飴も同じく大好き。

無我夢中で泳ぐ君と読みかけの本
近頃、番組で、マクドナルドのチキンナゲットの食感を味わえるレシピといって流していた。
非常に味わえそうだと考えて、家内にしてもらったが、マックのチキンナゲットの味では絶対にないけれどうまかったです。
なんか衣がほんの少し違ったのだけれど、中は、チキンといえばチキンなので、自分くらいの味覚ぐらいではほんの少しの差は何とも思わず大変うまかったです。

ゆったりとお喋りする友人と気の抜けたコーラ

とある真夏の午後。
少年は家の庭で、蟻の行列が虫の死骸を運ぶところをじっくり見ていた。
アリ達は一所懸命に働いているのだが、虫の死体ひとつでこんなに大量のアリがいても、意味が無いんじゃないのかと、少年は不審に感じた。
少年は、アリ達を指ではじいたらどうなるだろう、という欲求にかられた。
だが、今日はだまって見守ることに決めた。
暑い夏の日だったので、少年の汗は頬を伝い、雫となって地面に落ちた。

よく晴れた火曜の午前は椅子に座る
夏休みも半分ほど過ぎた頃の夕暮れ時。
「缶蹴り」で鬼になってしまった少年は、ものすごくお腹がペコペコだった。
捕らえても捕らえてもカンを蹴られてみんなが逃げるので、もはやこのゲームは終わりが見えない、とため息をついた。
へとへとに疲れて家まで戻ると、扉を開ける前に、今日の夕飯が何かわかった。
とびっきり美味しそうなカレーの匂いに、少年は「やった!」と小さく叫んだ。

お役立ちサイト&関連サイトの紹介


激安引越 見積もり
お得に引越したい?なら、ココから料金の見積もり比較をして、引越業者さんで1番安い激安なところを探そう☆
薬剤師 診療所 求人
薬剤師の求人・就職先を見つけるならこちらがオススメ。転職しようと考えている薬剤師さん、勤務先を探している薬剤師さんに打って付けのサイトを紹介しています。
借金返済の方法と計画
借金の返済計画や方法をどうすればいいか悩んでいる人、専門家である司法書士や弁護士に相談してみましょう。無料相談OKの相談事務所、紹介しています。